BEST! from 北海道

北海道サーチエンジン




categories

archives




「ノーゲームデー」で学力が上がるのか

北海道は全国学力テストでは下位にいます。
それを挽回するために道の教育委員会が毎月第1・第3日曜日は子どもたちがゲームをしない、「ノーゲームデー」とするよう呼びかけています。

第1・第3日曜はゲームなしで
『子どもたちの学力の低迷はゲームのしすぎにも原因があるとして、道教委などは、毎月第1・第3日曜日は子どもたちがゲームをしない、「ノーゲームデー」とするよう呼びかけています。
道内の子どもたちの全国学力テストの成績は、全国平均を下回っていて、道教委は、長時間ゲームをする子どもたちが多く、家庭学習の時間がゲームに取られてしまっていることにも原因があるとみています。
このため道教委やPTAなどで作る実行委員会は、2月から、第1・第3日曜日を「ノーゲームデー」として、大人も子どももゲームをしないよう呼びかけることになりました。
また、第1日曜日にあたる2月1日には、ゲームをしないで親子で楽しんでもらうため、道内各地で、スノーラフティングや釣りなどを体験するイベントを開くことにしています。
道教委・生涯学習課の浅井真介課長は、「ゲームから離れることで、家族との団らんや友人との体験学習の時間が増え、望ましい生活習慣の定着につながれば」と話しています。』

引用:NHK


他の地域はノーゲームデーなんて無いので、ゲームが原因じゃないと思うし、ノーゲームというだけで勉強をしろと言うわけでもないので、これで成績は上がらないと思うな。
たかだか月2回をノーゲームデーにしたって勉強する習慣ができるわけも無い。
親子で楽しんでもらうなら、子供だけにノーゲームデーを強いるなら大人にもゴルフやパチンコをしないように呼びかけないのであれば片手落ちだと思います。

道教育委員会は自分達の能力の無さをゲームに責任転嫁してるだけでしょ。
もう少し道教委としてもやれる事があるのでは?
夏休みや冬休みじゃあるまいし日曜くらい好きに遊ばせろと思いますね。

自分達は何もやりたくないのか、それとも能力が無いのか。
もう少しマシな案は無かったんでしょうか?



地域情報(北海道) ブログランキングへ
JUGEMテーマ:北海道

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック