BEST! from 北海道

北海道サーチエンジン




categories

archives




北海道でオーロラが

北海道の名寄市の天文台で、低緯度オーロラが観測されました。
北海道では11年ぶりだそうです。

赤く輝く「低緯度オーロラ」北海道・名寄で撮影
『北海道北部の名寄市にある「なよろ市立天文台」が18日未明、市北方の夜空に赤く輝く「低緯度オーロラ」の撮影に成功した。天文台によると、低緯度オーロラが国内で観測されるのは2004年11月以来。
 オーロラは、太陽から来た粒子が大気とぶつかって発光する現象。通常は北極や南極に近い高緯度地方で見られるが、太陽表面の大爆発で、粒子が地球に激しくぶつかる「磁気嵐」が起きると、比較的低緯度でも見えることがある。17日午後から18日朝にかけ、強い磁気嵐が起きていた。
 撮影した天文台職員の中島克仁さん(43)は「2、3年前からチャンスをうかがっていた。30秒の長時間露光で撮影したが、月明かりもなく、条件が良かった。撮影できて良かった」と話していた。』

引用:読売新聞
リンク先に画像があります。

ちょうど昨日の「水曜どうでしょうリターンズ」の企画が「北極圏突入 〜アラスカ半島620マイル〜」でした。
オーロラを見る為にアラスカへ行く企画で、炎の料理人シェフ大泉が大活躍するシリーズです(笑

北海道でもオーロラが見られるんですね。
でも写真を見るとちょっとイメージとは違いました。
北海道などで見られる低緯度オーロラは薄赤い色をしたオーロラだそうです。
自分がイメージするオーロラはもっと北へ行かないとダメみたいです。


地域情報(北海道) ブログランキングへ
JUGEMテーマ:北海道

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック