BEST! from 北海道

北海道サーチエンジン




categories

archives




北海道でも毒蜘蛛「セアカゴケウグモ」が北見で見つかる

オーストラリアが原産地とされる毒クモ「セアカゴケグモ」が北海道北見市で見つかりました。
北海道で見つかるのは初だそうです。

毒グモのセアカゴケグモ 北見で見つかる
『かまれたら死亡するおそれもある毒グモ=セアカゴケグモが北見で見つかりました。
このクモが道内で見つかるのは初めてです。
これが見つかった毒グモ、セアカゴケグモです。
体長およそ3センチで2日、北見市内の自動車整備工場の中古車から見つかりました。
北見市は殺虫剤でセアカゴケグモを駆除し自動車整備工場の消毒もしました。
北見市などによりますと中古車は4月に愛媛県から小樽港を経由して北見に運び込まれたとみられますがセアカゴケグモがどこで紛れ込んだのかはわかっていません。
セアカゴケグモの原産地はオーストラリアでかまれた人が死亡したこともありました。
これまでも東京や埼玉などでも見つかっていますが道内では初めてです。
かまれると痛みを感じ、通常は数時間か数日で症状が収まりますが小さい子供や高齢者は症状が重くなることもあるということです。
道は子どもが咬まれないよう小中学校などに注意を呼び掛けています。 』

引用:HBCニュース

道内におけるセアカゴケグモの確認について
北海道庁

1995年に大阪で発見されて以来ドンドン生息地を広げている「セアカゴケグモ」ですが、ついに北海道まで到達したようです。
本州方面から来たのではなく港を経由して来たらしいのですが、多分1匹とかじゃ済まない様なきがするのですがね。
北海道は寒冷地ですから定着するにしても場所は限られると思うのですが、もし札幌の地下とかに到着してしまえばそのまま定着しそうな気がします。

クモが好きという人はあまりいないと思いますが、自分も苦手です。
小学校1年の時になんか背中がかゆいなと思って背中をかいて手を見たらクモがいました。
あの時の衝撃と言ったらもう、あれからしばらくは背中がむずむずしたらクモがいるんじゃないかとビクビクしてたもんです。

話がそれましたが、多分北海道というか札幌に来るのも時間の問題かな。
噛まれればすぐにでも処置しなければ死亡するという程強い毒性はありませんが、それでも老人や子供などが噛まれた場合重症化する場合もありますので、注意は必要です。

もし発見した場合は、素手では触らずに、踏みつけや殺虫剤や熱湯などで処理しましょう。
死んだふりもするらしいので注意。



地域情報(北海道) ブログランキングへ
JUGEMテーマ:ニュース

JUGEMテーマ:北海道

JUGEMテーマ:害虫

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック