BEST! from 北海道

北海道サーチエンジン




categories

archives




札幌駅前通地下通路 接続当初12棟のみ

多分この題名を見て何の事か分かる人は多くはないはず。
現在大通からさっぽろに向かうには、地上を歩くか地下鉄で行くしかありません。
実は地下鉄にとっては、この区間はかなりの稼ぎ頭とも言われています。
今その区間に地下道の建設が予定されています。

『札幌市が二○一○年度の完成を目指している「札幌駅前通地下歩行空間(地下通路)」の沿道のビル二十八棟のうち、完成時に地下通路と接続するビルは半数以下の十二棟にとどまることが、市の調べで分かった。地下通路には商店街を設けないため、ビルの接続数が通路のにぎわいを左右するとして、注目を集めていた。
 地下通路は、地下鉄南北線の大通−さっぽろ駅間の全長六百八十メートル、幅二十メートル。市によると、接続予定の十二棟のうち二棟は工事を始めており、八棟は設計に着手している。しかし、接続に市の補助がなく、改修費用が自己負担となることもあり、他の十六棟は接続予定がない。』

続きはコチラ→北海道新聞

当初商店街にするという話だったのですが、国が道路として負担してくれる事になり、商店街にする事ができなくなりました。
その為、地下道に人を呼ぶ為には地下道と地上を結ぶ、通路が必要となります。
その通路を付けてるくれるビルが12棟という事です。
商店街にならなかったのは痛いけど、国が予算を出してくれるならそっちの方が市としてはありがたいのでしょうね。

もっと多くなると思ったんですが、思ったより渋いですね。
通路を付けても売り上げには結びつかないと考えたんでしょうか。
大通からさっぽろ駅の地下道ができれば、この道を通る人はかなりの数にのぼると思います。
特に冬場は重宝すると思います。
でもそれが、地上のお店の売り上げに繋がるかと言われれば、確かに疑問かもしれない。
その道を通る人のほとんどがさっぽろ駅に向かう人だろうしね。

地上と地下の通路はたくさんあれば、確かに便利だけどありすぎても通路を造ったビルにメリットが無くなるのは、ビルとしても不本意でしょうから、難しいですねぇ・・・。

2010年完成予定らしいけど、この手の話はまだ色々ありそうです。

チョロQ 札幌市交通局 地下鉄南北線5000形  北海道のおいしいケーキ屋さん

ランキングに参加しています。
ポチッと応援クリックよろしくお願いします。

 バナー2 ブログランキング

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
北のおもしろいブログですね! 私のブログにも南の面白い情報がありますよ 2005/8月TVで見たかな、ぜひ遊
  • 2006/05/14 5:23 AM