BEST! from 北海道

北海道サーチエンジン




categories

archives




スープカレーがピンチ?

すっかり札幌の名物となったスープカレー。
たくさんあるメニューの中で一番人気といえば、大きなチキンが入ったチキンカレーです。
そのチキンカレーが今ピンチかもしれません。

詳しくはコチラを読んで下さい。
特集「スープカレーの危機」

読まない人の為に書くと、原因はアメリカ産の骨付きチキンが品薄で手に入りにくいらしいからです。

ほとんどのお店で使われてるチキンレッグ(足のモモ肉)ですが、ほとんどがアメリカからの輸入に頼っています。
そのアメリカで鳥インフルエンザが発生し、日本へ侵入防止策として輸入を一時停止した事がまず一つ。
そしてもう一つが、鶏のエサに使われているトウモロコシの価格の上昇です。
これは今アメリカでは、トウモロコシをバイオ燃料として使うという政策を進めていて、鶏のエサとするよりもそっちに投資する方が儲けが出るため、バイオ燃料へと変更する農家がでてきているようなのです。
当然トウモロコシは品薄になり価格も上がります。
その影響が輸入されているチキンの価格にも影響が出たという訳です。
現在札幌のスープカレーのお店では、チキンの値上げや限定品とする所が出てきています。
北海道に旅行に来て、スープカレーを食べようとしてる方は注意が必要です。
せっかく来たのに、お目当てのカレーが食べられないとガッカリですからね。

チキンを自前(日本で)調達できないというのが、一番の原因なのでしょうね。
できない事は無いのでしょうけど、思いっきり価格に跳ね返りそうですし。
今回の話はスープカレーのチキンですが、他の食品でも原油高や中国の買い付けの影響で、徐々に高くなってる物もあります。

最近の食の安全の問題のことも考えると、もう少し自給率は上げるべきなのでしょう。
最近私の家でも、中国産の食品が怖くて安くても購入しなくなりました。
すぐに自給率を上げるのは難しいでしょうけど、本気で上げるつもりがあるなら、今はチャンスなのではと思います。
少し高くても安全な食品が欲しいと思ってる人は大勢いると思います。


powerd by 楽市360

ランキングに参加しています。
ポチッと応援クリックよろしくお願いします。

 バナー2

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
インドネシア保健省は1日、首都ジャカルタ(Jakarta)出身の21歳の男性が、前週、高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)への感染で死亡したと発表した。これにより鳥インフルエン……
  • インドア アンテナ
  • 2007/10/02 11:05 AM
パンデミックとは、感染爆発、若しくは汎発流行を指す言葉インフルエンザ・パンデミックが起こった際には、パニックになって病院に向かうのではなく、慎重な行動が必要になります。その際、非常に役に立つとされているのが、インフルエンザ・パンデミックの対策マニュア
  • パンデミック
  • 2008/04/02 12:23 AM