BEST! from 北海道

北海道サーチエンジン




categories

archives




どうなる札幌のMKタクシー

4月に札幌で開業を目指していたMKタクシー(本社京都)。
その開業に待ったをかけるため、新規参入を北海道運輸局が認可しないよう事業許可を差し止めを求め提訴しました。
それに対してMKタクシーはそれに反論しています。

MK「根拠ない中傷」 札幌ハイヤー協会に反論 4月開業強調
『タクシー会社エムケイ(MK、京都)の札幌進出をめぐり、札幌ハイヤー協会が北海道運輸局に事業許可差し止めなどを求めて提訴した問題で、MKは二十三日、札幌市内で記者会見し、協会の主張に対し「根拠のない誹謗(ひぼう)中傷」と反論、計画通り四月の営業開始を目指す考えを強調した。
 会見した札幌エムケイの平山功社長(MK常務)は、協会の提訴が事業許可に及ぼす影響はないとの認識を示し、「四月上旬の開業に支障はない」と説明。MK側が負担すべき社会保険料などを運転手に負担させ、労働基準法に違反するなどと協会が主張していることについては「本来会社が負担すべきものは会社が負担している」と問題がないと指摘した。
 また協会に対して、公開質問状を送付したことも明らかにした。送付は二十日付で、二十七日を回答期限として給与体系の問題を指摘する根拠などを求めており、平山社長は「内容によっては名誉棄損も含めて対応を取らなければならないこともあるかもしれない」と話した。
 協会は「質問状には誠意をもって対応したい。指摘した問題は裁判の中で明らかにしてもらいたい」としている。』

引用:北海道新聞

今現在札幌はタクシー供給多寡の状況です。その上不況。
タクシー会社にしてみれば今は非常に厳しい。
そこに新たなライバルが増えようとしているのですから、反対したくなるのも当然だとも思います。
でも事業許可の差し止めは行き過ぎかと思いますね。

MKタクシーには良い評判も悪い評判もあり、どっちが悪いとは言えません。
札幌のタクシー会社が運転手に優しいのかと言えば、別にそうでは無い様に思いますし。
値上げして客離れさせたのも札幌ハイヤー協会だし。
もしこれでMKタクシーが市民に歓迎されるのであれば、今までの札幌タクシー協会が行ってきた事が市民にとっては受け入れられる事では無かったという事でしょう。

どちらにしても、規制緩和されてしまった以上、それにあらがうのは無駄。
新規参入の事業許可しないように提訴するくらいなら、もっと他にやるべき事があるのではないかと思います。


ハイ、MKタクシーの青木定雄です

1日1回クリックして頂けると
うれしいです(^o^)丿 
バナー2
JUGEMテーマ:札幌市

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
札幌で検索してみました。ブログなんか結構あります。気になるものだけ記録しておき...
  • 札幌
  • 2009/02/25 10:21 AM
 駅前通で目についた黒塗りのエスティマ、よく見たら、札幌に進出してきたMKタクシーの車両だった。営業は22日からで、デモ走行中らしい。立ち止まって写真を撮っていたら、運転手氏が出てきて「どうぞ、中を見てください」と声をかけてくれた。
  • 旅するデジカメ・札幌発<見る・残す・伝える>
  • 2009/04/17 9:45 AM